私たちについて
about us
私たちについて

origin

シスプライマリーの由来

シスプライマリーロゴ
システムを省略して"シス"へ。
さらに、データベースのプライマリーキーの"プライマリー"を取ってシスプライマリーとしました。プライマリーキーは、このキーをもとにデータを判断できる唯一無二のデータ、2つ同じものは存在しないものです。
他にはない唯一無二のシステム会社にしたいという思いで付けました。

message

代表メッセージ

代表 松谷真吾

代表 松谷真吾

私は22歳までは音楽業界でプロギタリスト兼作曲者をしておりました。
その後、システムエンジニアになるべくITの会社に入り、組込みやアプリ開発(C言語、C++)に携わり、後にWeb開発(Java)にも携わりました。どれも大手の大規模システムです。
エンジニアをやっているうちに「もうエンジニアはきつい、嫌だ。」と思い不動産屋の営業をやっていた時期もありましたが、「これだけ頑張ってこれだけしかもらえないのか。」と幻滅し、再びIT業界へ。

その次に正社員で入った会社から子会社を任され、子会社の代表として年商2億まで伸ばしました。しかし、親会社の社長との関係が悪くなり、後に自分で会社を立ち上げることに。

それがシスプライマリーです。
シスプライマリーでは、私がやりにくかったことはもちろん、従業員がやりにくいことを聞き出し、なくしていきたいと考えております。

それが、お客様の貢献にもつながり、皆が幸せになれる道だからです。従業員の質が会社の質につながります。素人を出してお客様を困らせるのは言語道断。従業員のモチベーションを上げてプロへ導き、プロの集団がお客様へ120%以上の成果を出します。

また、大手の管理(人、お金などなどの)の杜撰さ、放棄を見てきて、私の会社ではどんなに大きくなってもしっかり管理しようと思いました。
それに伴い、役員はしっかり会社を管理するよう会社を構成していきます。
「役員って何やってるの?」とならないよう皆にも行動を示していくようにします。

お客様も、役員が調子に乗っている会社には依頼したくないと思います。

他のIT関連の企業では、営業がまじめに動いていないところが多く(いや、ちゃんとやっていると怒られそうですが、私にはそうは見えません)、エンジニアに仕事をなるべく選ばせてあげるということができていないように見えます。それに伴い、お客様にも助言ができていません。
ちゃんとまじめに行動していれば今のご時世、エンジニアに仕事を選ばせてあげられるくらい仕事が来ます(特に経験3年以上になってくると)。そのように営業がサボっていてエンジニアが質の悪い仕事をやらなければならなくなる現状に嫌気がさしています。
エンジニアも営業も経営者も同じようにまじめに働くべきです。

そうなると、エンジニアの力を真に発揮できません。

我社では、従業員が最大限能力を発揮できる環境を追求しています。しかし、人によって全力で頑張って上に上がりたい人、そんなに頑張らずにまったり仕事をしていきたい人、いろんな人がいます。一人一人ができることをできる範囲で協力をして、皆で幸せになれるよう努力をしていく方針です。
その方針の一つとして、「営業はエンジニアがやりたい仕事を取ってくる→エンジニアがやりたい仕事で実力を発揮し活躍する→お客様が喜び仕事をくれる→営業が喜ぶ」という関わる人全員が幸せになれる環境を作るよう努めております。

上記のことを実現するためにも、社員同士が意見を言いやすく、自由に成果を上げられる環境を整えています。

プロと言える集団であること
お客様に不安を与えない

お客様の要望を実現をするにあたり、プロが手を動かすということが伝わらなければいけません。
私自身、他の会社の例えば求人のプロ、マーケティングのプロと名乗る企業に散々騙されてきました。素人が何とか頑張ってうまくいったらラッキーくらいに思っているのではないかと思うくらいです。 我が社ではそんな情けないことにはしません。しっかりプロを育て、プロと言える組織つくりをいたしますので、お客様にご安心してお任せてただけるよう日々精進しております。
素人が頑張るではなく、素人が興味、探求心をもって研究していくからプロが出来上がるのです。プロでなければ仕事を受けることはできません。「プロとしてお客様に貢献する。」という言葉に責任を持ち仕事をお受けいたします。

その人に合わせた働き方を

従業員それぞれ人格が違いますので、全員が同じレベルになれるわけではありません。頑張る人は全力で応援しますし教えていきます。
サボってしまう、楽したいという人もいると思いますが、そういう人の気持ちもわかります。ですが、結局は仕事をしないとお金がもらえませんし、頑張らなければ、学ばなければ給料が上がりにくいということになってしまいます。そのままでそれなりの給料にするのか、一緒に頑張って給料を上げていくのか選択していただければと思います。
上記とはまた違う話になりますが、壁に対して壊して進む人、登って進む人、扉を探す人など得意分野が違う人がいます。
自分がやっていて苦にならない分野、得意分野をそれぞれが見つけ、楽しく仕事をしてほしいです。そうしたらそれぞれが真に実力を発揮できます。
一緒に得意分野を探していきましょう。
仕事は我慢して辛い思いをするのも大切ですが、何年かやってダメなら見切りをつけるべきです。あくまで何年かはやってみる必要があります。そうしないと見えてこないことが多いからです。得意かどうかもわからないのです。
得意なこともそうですが、仕事を楽しむには何よりも、雇われている、やらされていると思っては面白くありません。一緒に会社を作りに来てほしいです。自分も会社を育てる一員と思った方が面白いです。
従事するのではなく一緒に作る立場で考えましょう。
それぞれのポジションと、教える環境を整えております。給料を上げていくにはいろいろな方法がありますので、上げたい方は共にやり方を考えていきましょう。

経営者・役員・幹部クラスを
目指したい人へ

経営者・役員・幹部クラスを目指したい人にはそのノウハウを伝えていきたいと考えております。ただ、やる気や行動力を持ち合わせていることが必須条件となります。
ハードルが高く感じるかもしれませんが、頑張らない幹部・役員が上にいる会社は嫌ではありませんか?仕方ないことなのです。
給料が高い分頑張らなければ壁を乗り越えられない世界です。やってみたけどできないのであれば教え続けます。やる気が出ないのでできないのであれば、やる気を出すために一緒に頑張りましょう。

our vision

5つのマインド

システム開発、そしてお客様の事業を通じて社会貢献をするために、私たちシスプライマリーは5つのマインドを掲げています。

5つのマインド

システムは業務の効率化や生活の利便性において重要な役割を担っており、その品質は開発に携わる人々により決定されていきます。
エンジニアたちの意思決定や行動、成長速度は、その「心」に大きく左右されるため、私たちは「心」こそがシステムにとって重要なものだと考えています。
お客様から聞いたことそのままではなく、実は必要だが出てきていないことを引き出すのも我々の役目です。
そして、納品後に使ってみたらバグっていましたということがないようテストに命を懸けます。
テストの項目も人によって変わってしまうことのないよう、網羅する仕組みつくりをします。

人を育てることで
お客様に貢献する

image photo

シスプライマリーは、人を育て活躍できる場所を用意することで社会に貢献いたします。
人はそれぞれ実力を発揮できる場所が違います。それを探し出し実力を発揮できれば、お客様にもご満足いただけます。
お客様は質の高い安心できるシステムを求めると思います。
我々は、お客様が満足できる技術者を育て、世の中に貢献できる集団であり続けます。

最先端技術を追うことで
過去の技術も見えてくる

image photo

世の中のIT技術は進化し続けます。
世の中で注目されているもの、最先端技術を追うことで、 世の中に貢献し続けます。昔からある古いシステムでも、ずっとそのままというわけではありません。機能を追加していき、時代と共に新しくなっていきます。新しいことをやっていれば過去の技術も見えてきます。それらの対応をしているうちに、我々は全てのシステムの対応ができるようになり、よりお客様に貢献できるのです。

company

会社概要

名称
株式会社 シスプライマリー
設立
2018年11月
資本金
現在2400万円
従業員数
32名(正社員13名・開発系8:インフラ系2)
所在地
東京都千代田区神田小川町
1-8-3 小川町北ビル3階
代表
松谷 真吾
TEL
03-6403-0152
事業内容
SES事業、ITシステム開発 (Web、アプリ、汎用機、サーバー構築、ネットワーク)

求人情報を配信しているLINEです。友達登録してください。

※弊社は、従業員への給料に支障をきたさない程度に、貧しい国への寄付をしています。


PR動画

社長の失敗談
会社概要の資料はこちら

福利厚生等は資料または右上ボタンの求人ページをご覧ください。
サービス内容について